自分から練習できる子に育てる方法

「どうしたら子どもが自分から練習しますか?」

 

という質問をよくいただくのですが、結論から申し上げますと、殆どのお子さんは自分から進んで練習することはあまりありません…涙 

ピアノは大好きだけど、練習は好きじゃないというお子さんが殆どです。

正直幼い頃はどちらかというと私も練習嫌いに分類される子どもだったと記憶しております。

ただ、ちょっとしたきっかけ作りをしてあげることで、練習を習慣づけてあげることはできます。

歯磨きを毎日しないと何か違和感を覚えるように、練習しないとなんか気になる…。

といった状態にします。

まずは、時間を決めること。「朝起きたらピアノ弾こうね。」とか「おやつ食べたらピアノ弾こうね。」など私と約束してもらいます。

そしてご家庭ではその約束を親御さんに見守っていただきます。

それから上記のような練習頑張りシートをお渡しします。

練習したら、シールを貼ってもらいます。

このシートはかなり効果があり時間は短いですが、毎日弾くという目標を達成している子が出てきています。

子ども達は何かきっかけがあったり、環境を整えてあげると段々と声をかけなくても自然に弾くようになります。

ご兄弟で習われてるお子さんはお互い私の真似をしてご自宅で先生ごっこをして楽しんでいるようです。

最初は無理をせず少しずつ、段々とひとり立ちしていく生徒達を見ていると私も頑張ろうという気持ちになります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA