メゾピアノなのかメッゾピアノなのか。

先日、生徒から

「学校の先生がメゾピアノってテストで書いたら減点にするよって言われた」

とレッスン中に言われました

このメゾピアノなのか、メッゾピアノなのか問題、ネット上でも結構話題になっていたので知っていましたが

いまだに減点する先生がいるようで、ひどい場合は✖️にすることもあるそうです。

このメッゾピアノというのはイタリア語のmezzo pianoという単語で、

音楽用語では「少し弱く」という意味です。

イタリア語の発音で考えれば、メッツォピアノのほうが近いと思うのですが

教科書ではメッゾピアノと表記されているため、それが正しいという認識だそうです。

ただ、学校の先生によっても解釈は様々で

他の生徒に聞いたところ「教科書にはメッゾピアノで書いてあるけど、メゾピアノでもOKって言われたよ」という生徒もいました。

学習指導要領に教科書通りに教えてくださいと書いてあると教えてくださったかたがいましたがそれも不思議だなと思います。

カタカナ語だもん・・・イタリア語じゃないもん・・・

生徒もじゃあイタリア語で書いた方がいいよね。

と話していました。

学校教育ってたまに不思議だな〜という話でした。

レッスンでは音楽用語はイタリア語が多いことを生徒に説明しています。

私もイタリア語が話せるわけではないので偉そうなことは言えませんが

できる限り、わかりやすく説明しています!

メッゾピアノなどの書き方よりも単語そのものの意味をきちんと理解して

表現していくのが音楽だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA